ドテラ製品の等級について

オーガニックを超えたセラピー等級のドテラ社のアロマオイル、日本語サイト
ドテラ ヘッダー

エッセンシャルオイルの実情

最近のアロマブームもあり、身近にエッセンスオイルを感じる機会が多くなってきました。
大変喜ばしい状況ですが、一般的に流通しているエッセンシャルオイルと称する、 あるいはエッセンシャルオイルが含まれていると記されているスキンケアや化粧品など、 多くの製品には100%純粋なエッセンシャルオイルは、ほとんど使用されていません。 それらは、芳香性の合成化学物質で高価なエッセンシャルオイルを薄めたりしているのが実情です。
また、たとえエッセンシャルオイルが100%純粋であったとしても、 正しい品種や正しい植物の部分が使われておらず、正しい環境で生育せず、正しい時期に収穫されなければ、 あるいは正しい条件で蒸留されなければ、抽出された天然化合物にはそれほど効果が無いでしょう。

CPTG(認定純粋セラピー等級)とは

doTERRAのオイルは、AFNORやISOの基準をはるかに超えており、 マススペクトロメトリー(質量分析)とガスクロマトグラフィー(ガス混合成分分析)を行うことによって、抽出物の構成や働きを明らかにしています。 doTERRAの100%純粋なエッセンシャルオイルは、今日手に入るエッセンシャルオイルの中で最も安全でお役に立つオイルです。

・正しい品種の植物を
・正しい環境で生育し
・正しい時期に
・正しい部位を収穫し
・正しい条件で蒸留・抽出された天然化合物
 それが、ドテラのCPGT(認定純粋セラピー等級)のオイルの特徴です。

doTERRAの認定純粋セラピー等級エッセンシャルオイルは100%純粋で天然、そして合成化合物や有害物質が一切含まれていないことをお約束します。
ドテラの100%純粋なエッセンシャルオイルは、今日手に入るものの中で最も安全でお役に立つエッセンシャルオイルです。

エッセンシャルオイルの安全な使い方については、 こちらのページ「安全な使い方」をご覧ください。

ドテラの品質等級 トップに戻る