アロマオイルと認知症(物忘れ)

たけしの家庭の医学でも放送されたアロマオイルと認知症との関係がすごい。そのアロマオイルとはいったい何?
アロマオイルと認知症

認知症にはアロマオイルが効果的

テレビの人気番組「たけしの家庭の医学」で放送された「アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症を予防」という番組。
この中で、アロマオイル(エッセンシャルオイル)が認知症の改善に効果があることが示されていました。
鳥取大学の浦上克哉先生のお話しの中で出てきた、オーガニックなアロマオイルがこれ。
ローズマリーとレモンの組み合わせ、それとラベンダーとオレンジの組み合わせの、合計4つのエッセンシャルオイルが使われていました。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット ご購入はこちら

アロマで認知症を予防


たけしの家庭の医学

「アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症を予防」、その番組がこちら。
ぜひご覧ください。

鳥取大学の浦上克哉先生のお話し

「アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症を予防」の番組の中で、鳥取大学医学部保健学科、生体制御学講座教授の浦上克哉先生は、以下のような注意点を述べています。、

アロマセラピーの利点

アロマセラピーは、長年使われていて安全性が高い。
濃度が高いので効果的に嗅神経を刺激することができる
(注釈:特にフランスでは医療行為の一つとして位置づけられています)

認知症オイルの組み合わせ、配合

4種類のアロマオイルを組み合わせて使います。
昼用:ローズマリー2滴、レモン1滴
夜用:ラベンダー2滴とオレンジ1滴

昼用アロマで神経細胞を活性化させて脳を活性化させます。 夜用アロマは、神経細胞を沈静化させる効果があります。 昼用と夜用を併用することで、神経細胞の活性化と沈静化が期待でき効果的です。

認知症オイルの使い方

昼用アロマは、午前中に2時間以上嗅ぐ
夜用アロマは、就寝1時間前、2時間以上嗅ぐ

認知症オイルの注意点

使用するアロマオイルは化学合成品ではなく、植物からのみ抽出した天然の植物由来のアロマオイルを使うことが重要です。

40歳から使っても効果はある?

認知症は65歳をすぎると発症しやすくなる。 発症は10〜20年前から脳の中では変化が始まっているので、 40代、50代から始めることで予防効果が期待できる。

アロマオイルの購入

昼用にブレンドされたオイルと、夜用にブレンドされたオイルをセットにして販売しています。
これなら、わざわざ配合する手間が省けて便利ですね。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット
ご購入はこちら



Copyright(C) 2016 認知症アロマ All Rights Reserved.