アロマオイルと認知症(物忘れ)

たけしの家庭の医学でも放送されたアロマオイルと認知症との関係がすごい。 鳥取大学の浦上克哉先生が見つけたアロマの配合比率に基づき作られたアロマオイルの購入。
アロマオイルと認知症

認知症にはアロマオイルが効果的

テレビの人気番組「たけしの家庭の医学」で放送された「アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症を予防」という番組。
この中で、アロマオイル(エッセンシャルオイル)が認知症の改善に効果があることが示されていました。

鳥取大学の浦上克哉先生のお話しの中で出てきた、オーガニックなアロマオイルがこれ。
ローズマリーとレモンの組み合わせ、それとラベンダーとオレンジの組み合わせの、合計4つのエッセンシャルオイルが使われていました。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット
ご購入はこちら

   
アロマで認知症を予防

アロマテラピーと脳の関係

アロマテラピーは、脳と密接な関係を持っています。
アロマテラピーが脳に作用する仕掛けですが、鼻孔から入ったアロマの粒子(芳香成分)は、 鼻腔の奥にあるヒダ(嗅上皮)に接触し粘膜に溶け込みます。
嗅上皮の粘膜中には、匂いをかぎ分ける嗅毛があり、粘膜の取り込まれたアロマ粒子(芳香成分)に反応し、 すぐに電気信号として脳に伝えるのです。
アロマで認知症を予防 アロマテラピーと脳の関係

電気信号として流れる嗅神経が特徴的なのは、 大脳辺縁系と呼ばれる人間の喜怒哀楽や自律神経、内分泌系、免疫系などを司る器官にダイレクトに作用するということです。

大脳辺縁系の機能と働き
  • 帯状回
    呼吸器の調節、意思決定、共感、感情による記憶に関与。大脳辺縁系を結びつける役割
  • 扁桃体
    恐怖感、不安、悲しみ、喜び、直観力、痛み、記憶、価値判断、情動の処理、交感神経に関与
  • 海馬
    目、耳、鼻などからの短期的記憶に関与。喜怒哀楽や情緒,性衝動などにもにも関与
  • 海馬傍回
    自然や都市風景や人の顔の認識など記憶の符号化と認知に関与
  • 側坐核
    快感に関与
人の感覚の中でも、嗅覚は特別な役割を持っています。 アロマの香りをかぐことで、嗅神経からの電気信号が脳に素早く刺激し、 そのことで人の精神的活動やホルモン、免疫といった生命活動の根幹にかかわる様々なことに影響を与えることができるんですね。

それでは実際にアロマの香りをかぐことで、認知症予備軍とされた方がどのように変化したかを見てゆきましょう。

たけしの家庭の医学

「アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症を予防」、その番組がこちら。
まずは、この動画をご覧ください。


動画の重要ポイント

動画の重要ポイントを解説します。

鳥取大学の浦上克哉先生のお話し

アロマで認知症を予防 浦上克哉先生
▲「アロマの香りを嗅ぐことで脳を若返らせ認知症を予防」の番組の中で、 鳥取大学医学部保健学科、生体制御学講座教授の浦上克哉先生。

脳を若返らせ認知症の予防が期待できるアロマの配合とは?
この浦上先生が認知症を予防させる効果が期待できるアロマの配合比率を見つけました。

アロマセラピーの利点

アロマセラピーの利点
▲日本ではアロマというと趣味であったりリラクゼーションのツールとして使われていて、遊び感覚で使われることが多いようですが、 海外では、特にフランスでは200年近い歴史を持っているセラピーなのです。

アロマセラピーの特徴として、
  • 長年使われていて極めて安全性が高い。
  • 濃度が高いので効果的に嗅神経を刺激することができる
(注釈:特にフランスでは医療行為の一つとして位置づけられています)

認知症アロマオイルの組み合わせ、配合

認知症アロマオイルの組み合わせ
▲浦上克哉先生が導き出したアロマオイルの配合は、
4種類のアロマオイルを組み合わせて使います。

昼用:ローズマリー2滴、レモン1滴
夜用:ラベンダー2滴、オレンジ1滴


認知症アロマオイルの使い方

認知症アロマオイルの使い方
▲昼用アロマは、午前中に2時間以上嗅ぐことが重要です。
夜用アロマは、就寝1時間から2時間以上嗅ぐことでリラックスできます。

アロマで認知症を予防 昼用と夜用
▲昼用アロマは、神経細胞を活性化させて脳を活性化させます。
夜用アロマは、神経細胞を沈静化させる効果があります。

昼用と夜用を併用することで、神経細胞の活性化と沈静化が期待でき効果的です。
香るときにあまり近づけすぎると、嗅神経を刺激しすぎて頭痛や不快感に感じることもあります。

認知症アロマオイルの注意点

アロマで認知症を予防 注意点
▲使用するアロマオイルは化学合成品ではなく、植物からのみ抽出した天然の植物由来のアロマオイルを使うことが重要です。

40歳から使っても効果はある?

アロマで認知症を予防 効果
▲認知症は65歳をすぎると発症しやすくなります。
発症は10〜20年前から脳の中では変化が始まっているので、 40代、遅くとも50代から始めることで予防効果が期待できます。

アロマオイルの購入

純度が高い100%植物由来のアロマオイルはなかなか一般では販売していません。
また、ラベンダーやレモンなど、それぞれのオイルは販売していることはありますが、浦上克哉先生の配合比率で混合したブレンドオイルは普通は販売していません。

浦上克哉先生が見つけた、認知症に有効なアロマオイルの配合比率。
この配合比率で作ったオイル、ローズマリーとレモンンを2:1で配合した昼用オイルと、 ラベンダーとオレンジを2:1で配合したオイルの2本セット。 特別に昼用にブレンドされたオイルと、夜用にブレンドされたオイルをセットをご紹介します。

これなら、わざわざ4つのオイルを自分で配合する手間が省けて便利ですね。
首から下げて使う、アロマペンダントとても人気のようです。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット
ご購入はこちら

   




Copyright(C) 2016-2017 認知症アロマ All Rights Reserved.